スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考え方

まだ、もやもやしているけれども
考え方というか・・・たついちというか何か違う気がする。

スポンサーサイト

<検索サーバー>国内に設置 実現へ著作権法改正方針

毎日新聞のニュースより

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061209-00000065-mai-bus_all


 政府は9日、インターネットの検索サービスに使うサーバーコンピューターを国内に設置できるようにするため、著作権法を改正する方針を固めた。現行法では、著作物の権利者に無断で検索用サーバーに著作物を保存したりすることは違法となる。このため、国内向けの検索サービス事業者もサーバー自体は海外に設置している。


え・・と・・・・

いままで、著作権法違反で日本にサーバに置けなかったのか。

自分の考えとしてはお店で考えたら
スーパーなどで商品を置く= 検索エンジンに自動的に検索を引っ掛ける。

ぐらいのイメージしかなかったので、
たとえば、偽ブランド商品(著作権違反のもの)を誤って販売したときは、回収を
行い、これ以上販売しません(検索データの削除を行う)。という対応でよいものだとばかり思ってました。

不正なものかって、ブランドメーカー(著作権者)しかわからないと思うし・・・

(これは、多分乱暴な意見です・・・・ 今日現在の自分の気持ちということで)

「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」バトン

中島 聡さんのblogより
http://satoshi.blogs.com/life/2006/12/post_1.html


優秀な人に、国民のために霞ヶ関で長時間働いて欲しいのであれば、その働きに見合うだけの民間並みの給料を払うべきだし、残業手当も出せば良い。税金をそういうことに使うのはごく当たり前のことで、ちゃんと説明すれば国民を納得させることは可能なはずだ。


ということに全面賛成します。

まあ、どうやって働きを判断するかということはまとまっていませんが、天下りをやるよりはいいかなと・・・

ブログを使ってちゃんと国民の声を届けようという試みとして、「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」バトンを読者の方々に投げてみようと思う。私の意見に賛同していただけるブロガーの方には、ぜひとも同じタイトルでブログエントリーを作り、さらにその読者に賛同を呼びかけた上でトラックバックを投げ返していただきたい。日本中のブログで「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」という声が上がれば、さすがの自民党も無視できないはずだ。


自分も、どれくらいバトンが集まるのか、興味があります。

続きを読む »

目がテン

酔っ払いの科学というテーマで

まさか 森 昭雄教授が出てくると思わなかった・・・
(しかも、運動生理学ではなくて、脳の話ですか・・・・)

彼に脳の話をされても・・・

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。